P1 - 汎用性と生産性を兼ね備えた電動コンパクトパネルベンダー

持続可能性を備えたコンパクトな曲げソリューション

P1は自動曲げ・ハンドリングサイクルによって得られる高い生産性と、万能汎用金型およびベンディングユニットの特許取得済みキネマティクス(動力システム)によって得られる高い汎用性を融合させて両立させます。

フレキシブルな自動化

P1が使用している万能汎用金型は、機械停止時間や手動による金型交換なしに、加工サイクル中自動的に材料形状に合わせて調整することができ、1個生産キット生産を可能にします。

持続可能なテクノロジー

P1に採用された技術的ソリューション(ダイレクトドライブおよび空気圧ドライブと電気ドライブ)は、生産性を落とすことなく人と環境の両方に配慮したテクノロジーです。これによりP1は4m × 2mに収まるコンパクトさと、わずか3 kWの消費電力を実現しました。

適応性の高いシステム

統合適応技術(先進センサー、曲げの公式、MAC 2.0)は、システムをインテリジェントにし、材料や外部環境の変化に自動的に適合できるようにし、無駄や手直しを排除し、生産可能な製品範囲を広げます。

幅広い加工範囲

曲げユニットの特許取得済みキネマティクス(動力システム)により、P1は他のパネルベンダーモデルでは加工不可能な製品を含む、多種多様なパーツを加工できます。

コネクティビティ4.0

LINKSOPS ソ フトウェアは、システムと生産フローに関与する部署間との通信を確立します。

高い動力と汎用的技術

  • 生産性
  • 適応性
  • 高精度

生産性と柔軟性の両立

従来の曲げ加工は、平均OEEの30%を特徴とし、その柔軟性は金型交換システムに左右されていました。これは高コストで、多大な時間を必要とすることが多く、パネルベンダーと比較して効率が低いものです。あるいは、複数台のプレスブレーキの設置が必要となります。一方で、P1は自動曲げ・ハンドリングサイクルによって得られる高い生産性と、万能汎用金型によって得られる高い柔軟性を融合させて両立させます。

金型交換にどのくらいの時間がかかるか?

P1は金型交換を必要としません。上部と下部の曲げ刃、カウンターブレードおよびブランクホルダーは、あらゆる種類の厚さや加工可能な材料を処理できる万能な汎用金型です。

手動搬入/搬出は合計サイクルタイムに影響を与えるか?

搬入と搬出は、オペレーターが行います。オペレーターは材料を作業テーブルに配置し、曲げの後に製品を回収します。P1の加工サイクルは、合計サイクルタイムに対するこれらの作業手順の影響を最小限にします。材料を作業テーブルに配置すると同時に製品を搬出するようにして、2つの作業を1回で行うことが可能です。

P1のセットアップは生産性に影響を与えるか?

セットアップがパネルベンダーの生産性に与える影響はわずかです。プログラムが読み込まれていれば、ブランクホルダーは材料が位置決めされ加工の準備が整う時間内で自動的に適応し、マニピュレーターは材料を把持し、加工開始する位置につきます

キット生産、1個生産の実行

P1には自動ABAブランクホルダーが装備されています。このブランクホルダーは、機械停止時間や手動による金型交換なしに、サイクル中に生産するパーツのサイズに応じて金型の長さを自動調整します。1個生産やキット生産(セット流し)に理想的なソリューションです。

高い動力の実現

質量が非常に小さくサイズが最適化されたP1によって、ブレードホルダーはより自由に動けるようになり、他のパネルベンダーでは実行不可能な曲げを行える位置にまで届きます。さらに、電気ドライブとベンディングユニットの特許取得済みキネマティクス(動力システム)により、多種多様なパーツを2秒以内に曲げます。

材料の変化に影響されない生産

MAC2.0は、センサー、 公式、アルゴリズムの統合技術であり、パネルベンダーをインテリジェントなものにします。これにより無駄を省き手直しを最小限にし、加工される材料のばらつきをサイクル中に測定して補正します。

外部環境の変化に影響されない生産 

P1は、加工されるパーツの実際の板厚と有効なサイズを測定する先進センサーを組み込み、温度変化により生じた変形を検出します。データはリアルタイム曲げの公式に送り込まれます。曲げの公式は材料に加える正確な押し込み量を定義し、高い加工精度、繰り返し精度、完成品の品質実現します。

さまざまな生産ニーズに適応可能

ベンディングユニットの特許取得済みキネマティクス(動力システム)により、P1は他のパネルベンダーモデルでは実行不可能な曲げを行える位置にまで届きます。

生産リストの変更に応じて加工工程を管理

P1は独自のOPSソフトウェアを搭載でき、パネルベンダーと 工場ERP間の通信を確保します。ニーズに応じて、OPSはさまざまなパーツの順序の生産を管理します。万能汎用金型や加工サイクル中の自動セットアップ機能により、システムは直ちにリクエストに応えることができます。

最大の加工精度を達成

材料は、制御されたリファレンスストッパーに対し、加工開始時に1回だけセンタリングされます。これによりサイクルタイムは最小限に抑えられ、精度のあらゆる誤差はすべて最初の曲げで吸収されます。曲げの公式は自動的に曲げパラメーターを最適化して無駄を減らします。また、MAC2.0は材料のばらつきを検出し、自動的に補正して高精度、高品質の曲げを実現し、セットアップ時間を減らします。

 

P1
8平方メートルにフィットするように開発されたP1は、わずか3kWで生産するように設計され、その曲げ速度は驚くべき最適化がなされており、Salvagniniが従来の曲げ加工に代わるソリューションとして提供しています。
詳しくはこちら
P2lean
P2leanは、多種多様な部品を効率的に生産できる究極のパネルベンダーです。全自動で、最初から一貫して高品質なパーツの生産を保証します。
詳しくはこちら
P4lean
板金加工の歴史と未来・・・。 1977年、Guido Savalvagniniは世界初、数値制御の板金4辺自動曲げ機、パネルベンダーP4 1号機を発表しました。
詳しくはこちら
L3
ファイバー専用のファイバーレーザーであるL3は、環境にもユーザーにも優しい、生産性と汎用性の高いソリューションです。
詳しくはこちら
L5
サルバニーニのカッティングヘッド、コンパス構造、カッティングパラメーターにより、L5はダイナミックで、様々な板厚の加工を高品質で行います。
詳しくはこちら
B3
B3は、電動および油圧プレスブレーキの特徴と利点を、自動化、ソフトウェア、メカニック、エレクトロニクスに関するSalvagniniの深い知識と組み合わせることにより設計されました。
詳しくはこちら
S1
S1は、革新性と独創性を共に備えることで、一般的な類似の技術レベルを超えたソリューションをより幅広いアプリケーションで生み出すことができるユニークなシステムです。
詳しくはこちら
S4XE
最良の選択 : さまざまな革新的な技術により、高性能、高加工効率を保証します。S4はパネルベンダーとラインとしての使用にも適しています。
詳しくはこちら
FlexCell
FlexCellはサルバニーニ製パネルベンダーとプレスブレーキの両方の機能を組み合わせた最高の世界を提供します。この市場において、ベンディングを最大限に活用することができる唯一のソリューションです。
詳しくはこちら
FMS S4 + P4 ライン
フレキシブルな加工システム、S4 + P4 ラインは、サルバニーニで最も人気のあるソリューションの一つです。 パンチング、シャーリングおよび曲げ加工が完全自動で可能です。
詳しくはこちら
MV-自動倉庫システム
サルバニーニ製MV自動倉庫システムは工場全体においてバックボーンの役割であり、その他の異なる機械で必要となる素材を自動的にジャストインタイムで割り付け、搬送し、機械の効率を高めると同時に、移動コストと時間を削減します。
詳しくはこちら
AJS - 自動搬送装置
AJSシステムでは、パンチング、シャーリング、レーザー切断、曲げ加工を通したパネル加工が自動でフレキシブル、スリム生産など、幅広い生産ニーズに応えます。
詳しくはこちら