P1 - ウルトラコンパクト電動パネルベンダー

  • 手動ブランクホルダー
  • 自動ブランクホルダー
  • 補助ツール

MLAブランクホルダーは曲げるパネルの寸法に応じて調整することができます。2つの対称のサイドセグメントがパネルを開放するため自動的に拡張縮小します。

オリジナルの構成により30mmと45mmの内曲げが可能で、ツールセットアップせず一度の曲げサイクル内にブランクホルダーを3段階の長さで使用できます。

もしセットアップが必要だとしても、モジュール式セグメントの挿入/取外しをし、エンドセグメントをガイドに沿って移動させるだけなので、簡単かつ迅速に行えます。

手動で調整を行うMLAブランクホルダー

Up bend positive

ABAブランクホルダーはツール換えの必要がなく、サイクルタイム、マスクドタイム内に、曲げるパネルの寸法に合うよう自動的に調整を行います。

自動調整機能付きABAブランクホルダー

CLA補助ツールの長さはモジュール式で、正曲げで使用でき、ブランク材と曲げ刃の間を自動的にツールの挿入ができます。曲げる辺より短い曲げを行うのに使用されます。

P1
細部まですべてがパーフェクト! P1は、不可能を可能にします。お求めやすい価格の夢のようなベンダーです。
詳しくはこちら
P2lean
お客様の曲げ加工のニーズを満たす方法を知っています。サルバニーニのパネルベンダーは簡単な操作で、自動で、しかも最短サイクル時間で製品を加工することができます。
詳しくはこちら
P4
板金加工の歴史と未来・・・。 1977年、Guido Savalvagniniは世界初、数値制御の板金4辺自動曲げ機、パネルベンダーP4 1号機を発表しました。
詳しくはこちら
FlexCell
FlexCellはサルバニーニ製パネルベンダーとプレスブレーキの両方の機能を組み合わせた最高の世界を提供します。この市場において、ベンディングを最大限に活用することができる唯一のソリューションです。
詳しくはこちら
FMS S4 + P4 ライン
フレキシブルな加工システム、S4 + P4 ラインは、サルバニーニで最も人気のあるソリューションの一つです。 パンチング、シャーリングおよび曲げ加工が完全自動で可能です。
詳しくはこちら
MV-自動倉庫システム
サルバニーニ製MV自動倉庫システムは工場全体においてバックボーンの役割であり、その他の異なる機械で必要となる素材を自動的にジャストインタイムで割り付け、搬送し、機械の効率を高めると同時に、移動コストと時間を削減します。
詳しくはこちら
AJS - 自動搬送装置
AJSシステムでは、パンチング、シャーリング、レーザー切断、曲げ加工を通したパネル加工が自動でフレキシブル、スリム生産など、幅広い生産ニーズに応えます。
詳しくはこちら
L3
ファイバーに特化して設計されたL3は、環境とユーザーの両方に優しく、生産性の高い万能なソリューションです。
詳しくはこちら
L5
サルバニーニのカッティングヘッド、コンパス構造、カッティングパラメーターにより、L5はダイナミックで、様々な板厚の加工を高品質で行います。
詳しくはこちら
B3
一般的なプレスブレーキを超えるサルバニーニ製プレスブレーキB3は完成品について考え抜いたことにより、制限の加工を柔軟に行えるよう設計されています。
詳しくはこちら
S4XE
最良の選択 : さまざまな革新的な技術により、高性能、高加工効率を保証します。S4はパネルベンダーとラインとしての使用にも適しています。
詳しくはこちら