P4 - 自動パネルベンダーの幅広い加工範囲

フレキシブルな自動化

上下の曲げ刃、カウンターブレードおよびブランクホルダーは、加工中、機械停止時間や手動による金型交換なしに、あらゆる種類の板厚や0.4~3.2mmの加工可能な材料の処理に使用する4つの万能汎用金型です。

上下の曲げ刃 (A、D)は、制御された動作で曲げを行う2つの金型です。カウンターブレード(C)はサイクル中に材料の固定を補助します。自動ABAブランクホルダー(B) は曲げ刃やカウンターブレードと同時に動作し、正確かつ効率的に材料を固定して曲げます。機械停止時間や手動による金型交換なしに、サイクル中生産されるパーツのサイズに応じて金型の長さを調整します。ブランクホルダーの形状から最大55 mmまでのリターン曲げが可能です。

自動マニピュレーター:高速で正確な処理。

全加工サイクルを通して迅速に、完全自動で材料を動かし、操作し、把持し、回転させます。サイクル中オペレーターの手動介入を必要としません。オペレーターは材料を作業テーブルに置き、曲げ加工後に製品を回収する、搬入と搬出操作のみを行います。

P1
8平方メートルにフィットするように開発されたP1は、わずか3kWで生産するように設計され、その曲げ速度は驚くべき最適化がなされており、Salvagniniが従来の曲げ加工に代わるソリューションとして提供しています。
詳しくはこちら
P2
P2は、多種多様な部品を効率的に生産できる究極のパネルベンダーです。全自動で、最初から一貫して高品質なパーツの生産を保証します。
詳しくはこちら
P4
板金加工の歴史と未来・・・。 1977年、Guido Savalvagniniは世界初、数値制御の板金4辺自動曲げ機、パネルベンダーP4 1号機を発表しました。
詳しくはこちら
L3
ファイバー専用のファイバーレーザーであるL3は、環境にもユーザーにも優しい、生産性と汎用性の高いソリューションです。
詳しくはこちら
L5
サルバニーニのカッティングヘッド、コンパス構造、カッティングパラメーターにより、L5はダイナミックで、様々な板厚の加工を高品質で行います。
詳しくはこちら
B3
B3は、電動および油圧プレスブレーキの特徴と利点を、自動化、ソフトウェア、メカニック、エレクトロニクスに関するSalvagniniの深い知識と組み合わせることにより設計されました。
詳しくはこちら
S1
S1は、革新性と独創性を共に備えることで、一般的な類似の技術レベルを超えたソリューションをより幅広いアプリケーションで生み出すことができるユニークなシステムです。
詳しくはこちら
S4
最良の選択 : さまざまな革新的な技術により、高性能、高加工効率を保証します。S4はパネルベンダーとラインとしての使用にも適しています。
詳しくはこちら
FlexCell
FlexCellはサルバニーニ製パネルベンダーとプレスブレーキの両方の機能を組み合わせた最高の世界を提供します。この市場において、ベンディングを最大限に活用することができる唯一のソリューションです。
詳しくはこちら
FMS S4 + P4 ライン
フレキシブルな加工システム、S4 + P4 ラインは、サルバニーニで最も人気のあるソリューションの一つです。 パンチング、シャーリングおよび曲げ加工が完全自動で可能です。
詳しくはこちら
MV-自動倉庫システム
サルバニーニ製MV自動倉庫システムは工場全体においてバックボーンの役割であり、その他の異なる機械で必要となる素材を自動的にジャストインタイムで割り付け、搬送し、機械の効率を高めると同時に、移動コストと時間を削減します。
詳しくはこちら
AJS - 自動搬送装置
AJSシステムでは、パンチング、シャーリング、レーザー切断、曲げ加工を通したパネル加工が自動でフレキシブル、スリム生産など、幅広い生産ニーズに応えます。
詳しくはこちら